.

交通事故が起きた際、自らが交通事故の被害者であるにもかかわらず相手方が過ちを一切認めない状況は多く存在します。ひとつの例として、意思と関係して起こしたかったのではなく不注意で乗っていた車を激突された時などに、こういった言い争いに結果なってしまう可能性がありえます。例えそうであっても、事故現場で車だけの物損されて忘れた頃に異常が現れた際に、通院した病院の証拠となる診断書警察に出すのでは対処が遅くなるのは否定できません。では、自動車事故の過失割合の取り決めにはどんな基準があるのでしょうか。正確に言いますと、警察が認定するのは自動車での事故の大きな手落ちが存在するのはどちらであるかという責任の有無であり過失の割合ではないのです。さらに、最終的に明確にされた過失が認められた人が警察から明らかにされる事はという事は考えられません。どちらに何割過失があるのかは当事者の話し合いによって決定された、それが自動車事故の賠償のベースとなります。この場合に、両方が任意保険に入っていなかった場合には、お互いが真正面から協議をせざるを得ません。しかしながら、こういう方法では、非理性的な応報になる可能性が多くなります。この上、お互いの主張に相違があればまかり間違うと、訴訟にまで進みますが、それでは長い年月と裁判にかかるコスト計り知れない負担は避ける事が出来ません。それにより概ね、互いのドライバーに付く自動車の保険の会社に、この両方の保険の会社に調整を全て任せる対応で、ちょうどよい過失の割合がどうなのかを慎重に決定させます。このような時自動車の保険の会社は前の自動車の事故の係争の判断から計算した認定基準、判例集をベースに、想定と協議を行って過失の割合がどうなのかを算定します。とは言っても、自動車の事故においては、巻き込まれたのか巻き込んでしまったのかの如何を問わず、とりあえず110番するのが原則です。その後自動車保険の会社に連絡をして以後の対応を頼むのが手順になります。状況に応じた順番さえ理解しておれば、両方の無駄な水掛け論への展開を回避できます。

Copyright (c) 2000 www.wonderfilereviews.net All Rights Reserved.